オドロキニュース

驚きと面白さとツッコミをお届けする大阪人のブログ

*

イルカ?クジラ?カズハゴンドウが打ち上げられた理由に地震?

      2015/04/11


10日午前6時5分ごろ、茨城県鉾田市上沢の海岸に約150頭ものイルカが打ち上げられていると通報があり、確認したところイルカの一種「カズハゴンドウ」であることがわかったようです。

見た目はイルカっぽいこのカズハゴンドウはクジラの仲間だとされていますが、何故こんなにも打ち上げられてしまったのか?地震との因果関係があるかも知れない?

スポンサードリンク
 

 

クジラの一種であるカズハゴンドウ

 

カズハゴンドウ画像

画像出典:サイエンスあれこれさん

 

何やらこのカズハゴンドウという動物は接触することが困難なようです。何しろ温かい場所にしかいないはずだとか。 今回のような集団座礁によって情報が得られる程度なようで稀少な動物なのでしょう。

ちなみに名前の由来は

 

カズハ(数歯)歯の本数が多いこと(上下顎ともに各42〜50本)ことに由来

※wikipediaより引用

 

だとのことです。ちなみにゴンドウというのはゴンドウクジラから来ておりその種類は8種類いるようです。

 

・ハナゴンドウ
・カズハゴンドウ(今回打ち上げられた動物)
・ユメゴンドウ
・ヒレナガゴンドウ
・コビレゴンドウ
・オキゴンドウ
・カワゴンドウ
・オーストラリアゴンドウ

※wikipediaより引用

 

一部の種は捕鯨の対象となるようで、2005年には小型捕鯨や追い込み漁などで各種合計で572頭が捕獲されているとか。

何故こんなにも打ち上げられてしまったのか?

これは今回の報道の動画です。

 

 

カズハゴンドウは普段は集団、群れをなして行動する動物のようです。

少なくとも100頭程度の群、稀には1000頭もの巨大な群を成して行動する。そして集団座礁してしまうことが少なくない。

※wikipediaより引用

 

アクアワールド茨城県大洗水族館(同県大洗町)の方によると

「一度にこれだけの数が打ち上げられるのは珍しい」

と言われています。

群れをなして行動していたこのカズハゴンドウが一度に茨城の海岸に迷い込んだのでしょうかね?

ちなみ「座礁」って船が暗礁や浅瀬に乗り上げることを基本的には言いますよね?

今回のようにクジラやイルカなどおの海洋生物が潮流で乗り上げてしまうことも「座礁」と呼ぶようです。

茨城県では過去の2011年3月5日にもカズハゴンドウ約50頭が打ち上げられているのが見つかっています。

地震との因果関係がある?

 

イルカとも言われることのあるカズハゴンドウですが、イルカの五感+二感として「磁気感覚」というものがあります。

 

この感覚は全ての生き物が持っている物だが、イルカの仲間はこれを利用して、回遊している。集団座礁などは地球磁気の変化による物ではないかといわれています。

TOKYO DIVING CENTERより引用

 

実際に上記で上げた2011年3月5日に打ち上げられた後の4日後、3月9日にM7.3の三陸沖地震が発生しています。

そしてその後の3月11日の東日本大震災

これらの因果関係は確実なものとは言えないようですが潮流との関係、そして地震の前触れの関係が無いとは言い切れないと思います。 少なくとも大きな地震が来るかも知れないという心構えは持っておくほうがいいかも知れません。

地震についての情報は私の運営している別サイト「Yatamofu’s DP」でもご紹介しております。まだまだ記事数は少ないですがよろしければご参照ください。

まとめ:これだけの規模は初。

 

水族館関係者の方もこれだけ多く打ち上げられたのは初めてだとおっしゃっていますよね?

もしこれが地震に繋がるのであれば地震の規模も計り知れないかも知れません。

確実な繋がりとは言い切れないものですが、警戒しておくべきです。ご注意下さい。

補足:地震予知で有名なミッヒー氏の記事も書いておりますのでよろしければご覧ください。

補足2:海外で有名なゲリー・ボーネル氏の記事も書きましたのでよろしければご覧ください。

補足3:地震の前兆として表される明日東海大地震は来るのか?雲、前兆、予言がもし当たったらも書きましたのでよろしければご覧ください。

 - 動物, 災害 , ,

ad

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

蔵王御釜画像
蔵王、火山性地震の次は噴火!?大地震の前兆と見られる現象が次々と。

観光でも知られる山形、宮城両県にまたがる蔵王山の火山性地震が2010年9月以降の観測記録で2番目に多い38回の発生を記録していることが報じられましたが、相次いで蔵王山に火口周辺警報を発表しました。 各地で見られる異常現象。一体何が起きているのでしょう?火山性地震と通常の地震の違いは何なのか?検証したいと思います。

ダラハラ塔画像
ネパール大地震によりダラハラ塔崩壊。崩壊画像が衝撃的。

25日にネパールで発生したマグニチュード7.8の大地震により犠牲者が1200人を超え、今もなお余震が続くという多くの被害を出しています。 広い揺れにより仏教寺院などの世界遺産に指定されている歴史的な建造物も被害を受けているようです。 その中でもカトマンズ市内にあり、19世紀に建てられた高さ約50mのダラハラ塔が崩壊したとのこと。 ネパールのカトマンズは観光名所としても知られる土地ですが、ダラハラ塔の地震前、地震後の比較画像が衝撃的でした。

マダニの大きさ
死者が出ているマダニ感染症。その症状と予防、治療方法とは?

高知県でウイルスを保有しているマダニから感染する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)という症状について注意を呼びかけています。 県内では昨年11人が感染し、そのうち1人が死亡しているようです。国立感染症研究所のデータでは2015年4月8日までに、国内では110人が感染し、このうち32人が死亡しているとか。 油断できないマダニへの対策。ここではマダニ感染症による症状の予防方法、そして万が一かかってしまった場合の治療、対処方法について説明します。

ネパール地震被害画像
ネパール大地震。イルカの大量打ち上げとゲリー・ボーネル氏の予言の関連性

25日にネパールで起きたマグニチュード7.8の大地震は、犠牲者の数が1800人を超えたようですね。 国際社会も支援に乗り出し日本の緊急援助隊も26日現地に向け出発するとの報道がありました。被害が拡大している中、やはり気になるのは最近打ち上げられたイルカ、そしてゲリー・ボーネル氏の予言です。 当ブログではこれら2つについても記事を書いておりましたので本当に関係性があるのかまとめてみました。

波状雲画像
明日東海大地震は来るのか?雲、前兆、予言がもし当たったら…。

イルカの大量打ち上げや予言、体感予知などによって「明日(4月12日)地震来る!?」と思われている方、非常に多いようですね。 私のブログでもこの地震に関する情報を提供していますが前兆として地震雲なる存在もあります。 この記事ではこの地震雲について少し掘り下げたいと思います。実際に当たっているのか?

ミッヒー氏画像
地震予知ミッヒー氏の前兆予言。2015年も当たるのか?

地震の前兆を知らせるものは多くありますが、このミッヒー氏の予言はかなりの確率で的中させているそうです。 地震の体感予知と呼ばれるもので大きな地震が起こる前に頭痛や耳鳴りなど身体に変化が起きると言われています。 今回話題になっているカズハゴンドウについても語られていますが、ミッヒー氏のこれまでを検証してみたいと思います。

地震警告画像
ゲリー・ボーネル氏の予言は嘘だった?4月12日各地の地震の様子は?

予言といいますか予知といいますか、4月12日という確定的な日付の根拠もよくわかりませんでしたが、ひとまず大きな地震はありませんでした。 しかし小さな地震は活発に起きているようです。 宮城県と山形県にまたがる「蔵王」では、先週から火山性地震の発生回数が増えており12日には38回発生していたようで、観測開始以来2番目に多いという情報が出ました。 本日の朝方に和歌山県でも震度3の地震が起きていたようです。まだ地震に対しては注意しておいた方がいいかもしれません。

箱根山噴火レベル2へ。もし噴火したら?過去から見る被害予想

3月頃から地鳴りが頻発して山の様子がおかしいと現地の方もおっしゃっており、今もなお火山性地震の発生と白い煙に覆われている箱根山。 最近では御嶽山の噴火や山形、宮城両県にまたがる蔵王山の火山性地震もあり、各地で火山活動が活発化されているように感じますね。 噴火レベルとは何か?また過去に箱根山での噴火が発生したことがあるのか?蔵王山の情報を踏まえてご紹介します。

ゲリー・ボーネル氏画像
4月12日発生は嘘か真か?ゲリー・ボーネル氏の地震予言

カズハゴンドウの大量打ち上げなどもあり地震が発生する懸念がされておりますが、このゲリー・ボーネル氏の予言にも注目が集まっているようです。 ゲリー・ボーネル氏とはどのような人物なのか?明日にせまるゲリー・ボーネル氏の最新情報をチェックします。